若年PCゲーマーのきまぐれ DOOM ストーリー感想 書き散らし Doom Guyを嫌いにならないための考察 SS
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2016.05.27(Fri)

DOOM ストーリー感想 書き散らし Doom Guyを嫌いにならないための考察 SS

20160525203934_1_20160527010304657.jpg
ネタバレ多々

【More・・・】

あらすじ

今作の流れはあらすじはこんな感じである。

エネルギー問題に直面

地獄のエネルギーを使おう(火星で)

地獄の門が開き研究施設壊滅

助けてDoom Guy
20160522164535_1_20160527012159c2c.jpg
目を背けるな

理解不能の怪物 Doom Guy=Godzilla

20160525174736_1.jpg
そして主人公であるDoom Guyは行動を開始する。しかし彼はまるで怒りという感情しか持ち合わせていないかのような行動をとる。目の前のデーモンをただただ過剰な暴力をもってぶち殺し、施設を破壊して回る。

かと思えば繊細な指使いでパネルやカードキーといった文明の利器を使用する。

終いには“デーモンの侵略を防ぐために道具として使用されている”という事実を把握したうえでその支配者に何の反抗的な態度も示さない。
20160522163208_1.jpg
どっちつかずの彼は結局エンディングにて地獄の門を開いた原因(人物)をぶち殺した後に「次にまた何かあったときのために君は殺さないでおこう」と告げられ再び永い眠りにつかされる。

その様はさながら人間とゴジラとの関係に他ならない。脅威を取り除くために意図的に敵と対峙させられ最後は殺される。僕たちが操っていた主人公はこんなにも弱いやつだったのだろうか。

しかし、エンディングで流れる彼のデーモン殺しの実績にそんな脆弱さを感じることはできない。
20160525204108_1.jpg
そして僕は考えた。彼はただただ「戦うため」に生きているのだと。彼にとって戦いのない世界には意味がなく次の戦いの時まで待ち続ける他ない。戦いのこと以外には興味がない存在。一見淡泊に見えるが実に一途な存在、それが「Doom Guy」だったのだ。

※ちなみにここで想定したゴジラは「人間がある怪物とゴジラを戦わせて最後には人間の手でゴジラを殺す」という内容の作品をおぼろげな記憶から取り出したものですが該当作品が見つかっていません…。候補としては「初代ゴジラ」「ゴジラvsデストロイア(ゴジラ死す)」「ゴジラ Final Wars」

SS

20160522161530_1.jpg
20160522170510_1_20160527022415e64.jpg 20160522152047_1_20160527022414a0a.jpg
20160525203742_1.jpg
関連記事
02:30  |  DOOM(2016)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/698-7d29a9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |