若年PCゲーマーのきまぐれ Dying Light 途方もない魅力、その一部
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2015.09.21(Mon)

Dying Light 途方もない魅力、その一部

Dying-Light.jpg
だいぶ前からプレイしておりプレイ時間は15時間を越えたところですが記事にすることができませんでした。その理由は、というと今作の魅力が余りにも多様で非常に説明の難しい構成であることにありました。今回の記事で紹介する魅力は今作の残虐で重みのある戦闘という恐らく語りつくされたであろう要素の上にあるものとして考えていただけると幸いです。

【More・・・】

ゾンビへのキャラクター付けと、その効果

2015-09-17_00003.jpg
プレイヤーはあるサブクエストでゾンビとなった妻を殺せずに苦悩するおじいさんに出会う。彼が妻をどれだけ愛していたのか、というのはサブクエストの一連の流れの中で描写されており、一匹のゾンビに極上のキャラクター付けが施される。そしてプレイヤーはそれを狩りにいく。
2015-09-17_00005.jpg
このステージの作りがまた秀逸で不気味なうめき声とプレイヤーを誘導するかのような配置は、たった一匹のゾンビに対する恐怖を最大まで引き出すことに成功している。またおじいさんの言った「楽に死なせてやってくれ(銃で頭を一発)」という誘導も見事であった。“乾いた銃声”というのはこういうことを言うのだなと思わせられた。

暗闇の中の対人戦闘、まさにハント

2015-06-14_00009.jpg今作の戦闘にはゾンビだけでなく理性的に行動する人間の敵も用意されている。彼らとの室内戦、特に近接武器しか持ち合わせていない頃のものは緊張感があり必死になって攻略する必要がある手ごたえ十分なものとなっている。

しかし、銃を手に入れた瞬間からDying Lightは全く異なる楽しみをプレイヤーに提供する。それは正に人間に対する蹂躙の開始だ。頭に銃弾を命中させれば即死するというARPGらしからぬバランスは難易度を大幅に下げるだけでなくプレイヤーに、これまでに軟弱なゾンビに対しても成し得なかった圧倒的高位の立場を与える。
2015-09-16_00026.jpg
2015-09-17_00002.jpg
この殴り合いを前提としていた人間の脳みそを引き金一つでぶちまけられるという快感は極上のカタルシスをプレイヤーに与える。こんなにも強大な暴力的衝動を引き起こすことに成功している作品はDying Lightが初めてであると自分は思う。
2015-09-16_00017.jpg
時折見せるどこか寂しそうな風景、素敵です。
関連記事
22:00  |  Dying Light  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

スクショの一枚に敵の背後に隠れているものがありますが、簡単なステルスプレイも可能なんですかね
Kakihey | 2015年09月22日(火) 09:59 | URL | コメント編集

●Re:

コメントありがとうございます。そうですね。あくまで簡単なステルスプレイが可能です。自分がまだスキルを習得できていないだけかもしれませんが、そこはARPGさ全開ということで一撃で殴り又は斬り殺せられればステルス状態を維持できます。
ようげ | 2015年09月22日(火) 11:02 | URL | コメント編集

コメ返ありがとうございます。ちょうど今セールなので買ってみます^^
Kakihey | 2015年09月23日(水) 11:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/668-052b07c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |