若年PCゲーマーのきまぐれ Hatred論争 ゲーマーが本当に守りたかったものとは
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2015.06.29(Mon)

Hatred論争 ゲーマーが本当に守りたかったものとは

header155.jpg
「僕の名前はノットインポータント(酷い名前を付けられたもんだ)、インポータントなのは僕が何を成すかだ」

主人公がそう語ったのはHatredが初お披露目されたトレイラーでのことだった。当時は多くのゲーマーをその暴力性で唸らせたものだ。SteamのGreen Lightから削除された際にはゲーマー達から大変な支持を受け遂には“ゲイブ神の寛大さ”という問答無用の権力によって復活した。

ゲーマーからも、そして(表面上)steamさえも味方につけたHatredだったが内容が微妙であったと明かされた今では冒頭のようにチープな訳がピッタリである「ダサイやつ」的な存在になってしまった。DLCの発表があってもかつての勢いは取り戻せていない。そうHatredは一度絶大な支持を受けたゲーマー達から見捨てられたのだ。

【More・・・】

僕らが守ったのはHatredじゃなかったんだ

なぜHatredは見捨てられたのか。ゲームの出来が微妙であるとか期待はずれであるとかいった類の理由ではない。それは“ゲーマーがそもそもHatred自体を支持していたわけではない”からだ。

では彼らはHatredの支持の向こう側に何を見ていたのだろう。ずばりそれは“表現の自由”というグラフィック技術が進化し続ける上で必然的にぶち当たる問題だ。Hatredの表現が世間的にNGであるとされてしまえば今後出るであろうゴア表現の規制にも影響してしまう。という日本の捕鯨問題まんまの理屈である。商業的な成功の証明と言う意味でもゲーマーの購買意欲は普通では考えられないほど高かった。

そんな訳でHatredは勝手に(作者も意図はしていただろうが)持ち上げられ勝手に地面に叩きつけられた何とも不憫な作品である。正に冒頭の訳まんまの「重要なのは俺(Hatred)自身ではなく何をなしたか(表現の自由の主張)」であったのだ。
関連記事
22:55  |  きまぐれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/656-57db49e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |