若年PCゲーマーのきまぐれ Alan Wake 全ては管理されている
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2015.03.10(Tue)

Alan Wake 全ては管理されている

2012-10-15_00025_201503102128195ec.jpg
仲良くしていただいてるフレンドさんの勧めで一度積んでいたAlan Wakeをなんとかクリアまで持って行けました。難易度ハードでクリア時間は11時間ほど。
※3項目「プレイヤーはAlanを好きになれるか」にネタバレ有り

【More・・・】

“管理が全て” ゲームの根幹を象徴する戦闘システム

2012-10-15_00011.jpg
今作の戦闘システムは非常にシンプル。敵は闇のアーマーに覆われており、そのままの状態ではダメージを与えることができません。そこで主人公が持ち出すものは今作の象徴とも言える“光”、これを用いてアーマーを剥ぎ取り、銃でダメージを与えるというのが基本です。
2015-03-09_00005_20150310220050530.jpg 2015-03-08_00045_2015031022004856b.jpg
少しプレイしていると敵には弱点要素(ヘッドショット)がなく1体の敵に必要な弾丸数などが厳密に分かってくる。続いてアイテム管理の重要性も理解することになり貴重で強力なアイテムの使用タイミングを気にすることになる。

この戦闘システムは同じゲームのCS機版とPC版の間に起きる難易度問題を完全に解決している。例えばTomb Raider(2013)はマウスのエイム力を度外視していたために難易度が上手く機能していなかったしCoDのマルチに関して言えば別ゲーもいいところだ。Alan Wakeはエイム力は問わないし(ライトがレーザーサイト役)むしろ前述した貴重なアイテム、又は回避に必要なスタミナの管理に重きを置いている。オートエイムなどという雑な解決法以外を採用したのは大きな功績ではないだろうか。

見事な擬似的オープンワールド

2015-03-08_00064.jpg 2015-03-10_00017.jpg
Alan Wakeの世界はエピソードごとにロケーションが変わるが一貫して“どこに行けば正解なのか”という不安がつきまとうと共に“どこにでも行けるのではないか”という開放感も生み出す。更に巧妙なことに少し探索を行えば貴重なアイテムや今後の展開を示す原稿など簡単な“ご褒美”を見つけるこちができる。よっぽどの完璧主義者でなければ「どこへでも行けるが有用なものは全てとった」という満足感を得られ“偽りのオープンワールド”を暴こうという気は起こさない。
2015-03-08_00069_201503102228259ee.jpg
“無意識の監獄”にいる主人公Alan Wakeの状態をプレイヤーにも置き換えている。

プレイヤーはAlan Wakeを好きになれるか

2015-03-10_00014.jpg
これは本当に好みの問題だが自分が操作するAlan Wakeという人間がとにかく気に入らなかった。彼は妻を助けるために奔走し自分が書いた小説通りのことが現実で起こっていることを認識する。しかし彼は道中でこれから起こることを原稿を拾い、知ったとしても何らリアクションを起こさない。「親友が襲われる」といった内容にも眉一つ動かさずにだ。これは思うに“パラドックスが起こり未来が変わってしまう”といったものと同じ種の危機感を自分が書いた小説に感じたからではないだろうか。つまり彼は“妻以外どうでもいい”のだ。
戦闘システムは当然のことながら大きな力の動きが感じられ徐々に明らかにされる物語は素晴らしかった。American NightmareやDLCにも続いているということなので物語についてはまた後ほど書きたいところです。
22:58  |  Alan Wake  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

>しかし彼は道中でこれから起こることを原稿を拾い、知ったとしても何らリアクションを起こさない。
これに関してはDLCまで全部クリアして考察すると出てくる一つの可能性があって
それを考えたらアラン先生は何も行動しなくても仕方ないんじゃないかなぁと思ったり、
DLCシナリオでもあまり謎は解明されず、Nightmareでも明かされない辺り
結局の所続編待ちなのが悲しい所で。
kaitan | 2015年03月12日(木) 14:57 | URL | コメント編集

●Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。物語の続きという位置づけのDLCも決定的なものにならないんですか…
どちらもクリアしてみてからじっくり考えたいと思います。
ようげ | 2015年03月12日(木) 18:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/617-45fc0e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |