若年PCゲーマーのきまぐれ 洋ゲー(アメリカ)への憧れとその暴走
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2015.02.22(Sun)

洋ゲー(アメリカ)への憧れとその暴走

worship2.jpg

AMERICA 歌・作詞・作曲  浜田省吾
We were lookin'for AMERICA
映画の中のアメリカンドリーム
今も AMERICA
あの娘の輝いてた瞳 想い出す Youtubeリンク

1986年の浜田省吾の歌「AMERICA」に如実に現れているとおり日本人は外国とりわけアメリカに対する憧れを今も持ち続けます。それは音楽や映画だけでなくゲームにおいても例外ではありません。憧れはより高次なものへ向けられたものでそれ自体は悪いものではありません。しかしこの憧れがいま変な方向に向き暴走を始めています。これは何もゲームに限ったことではありませんがこの記事ではゲームにおけるものを考えていきます。

【More・・・】

アメリカンドリームは「古典的FPS」

ゲームにおけるアメリカンドリームはズバリ「古典的FPS」にあります。Wolfenstein、Doom、Quake、Half-Life、…これらの作品(またはCSのような派生)は今もなお、話題に上がりプレイされ続けています。その原始的な暴力性、突き詰められた戦略性、求められる技術力の先にある勝利、人によって評価点は違うものの確かに今まで名前が残るとおり素晴らしいゲームたちです。
2649066-6611140838-wolfe.jpg
※ここでの“アメリカンドリーム”は冒頭の文脈より“憧がれ”という意味で使わせていただいてます。分かりにくくて申し訳ない。

憧れの暴走

全てはここからおかしくなった、憧れは崇拝へ変わり現代の作品や、あろうことか日本の作品を攻撃し下に見ることで“自分たち”の正当性を主張し始めたのだ。これは一見ゲームハード論争(ゲハ戦争)のようにそれぞれ派閥が生まれているように思えるがそれは違う。この“古典崇拝集団”はほぼ全てのゲーマーに当てはまり無意識的に古典を最上位に置いている。これが許されるのは2chのDoomスレで延々とうん10年前のPCを使ってWADをあさっている連中だけだ。201502221614429ff_2015022216160813e.jpg

本当に“古典は”最上位か?

先ほどの理論で進めるとこの記事の読者全員は図らずも“古典崇拝者”だ。さてここで簡単な質問がしたい。本当に“古典的FPS”はあなたにとって憧れるべき素晴らしいものだろうか?近年の作品や日本産の作品は見下されるべきものだろうか?世論ではなく“あなたの”考えが聞きたいのだ。
関連記事
16:23  |  きまぐれ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

古典FPSファンなので日本のゲーム叩いたり暴走しないようにしようと思った(小並感)
 | 2015年02月22日(日) 16:36 | URL | コメント編集

結論から言えば、私にとって、古典的FPSは配慮すべき作品であっても、素晴らしいものとはいえません。

上記の作品を発売当時ではなくつい1,2年前に遊んだ身からすれば出来こそいいもののグラフィック以外も含めて過去の作品だという認識でした。彼らが偉大なのは優れたゲームを作り上げただけでなく、コロンブスのようにPCゲームという今よりも未知の大陸で自分達の作品を作りあげたことにあると思います。そこらへんも混同され、ゲーム以上の評価が下されている、そう感じます。

新しい環境で始めて触れたものというのは大変印象深いです。これはDoomのような古い作品に限りません。PCを買って、始めた触ったゲームでもいいです。このとき他の比較対象が無いわけですからこれそのものを基準にして次以降のゲームを比較していくことになります。この基準は基準から大きく外れるゲームが出るまでブレることはないでしょう。Doomライクのゲームを先にプレイした人なら、Doomをプレイしても前者の方が評価が高いことは十分有り得ます。

そして新しい環境に入ってから数年経ったそのときにはもうその環境には慣れ、基準が乱立しています。こうなったときにゲームを楽しむのは難しく、人によっては今までの基準を元にいわゆる"古参崇拝者"と化す、私はそう思います。古参崇拝者にならなかった人はゲームに嫌気が指し、基準を風化させるべくしばらく他の趣味に移るのでは。まあ戻ってきても基準が完全に消え去ることはまずないでしょうが。

それと同時に基準となった素晴らしい作品そのものを久しぶりに遊んでも乱立した基準によって邪魔され楽しめないことがあると思います。私がそうでした。まあ必ずそうなるわけでないですが。

長々と書きましたが、結局自分の基準となったゲームこそが偉大であり、私にとって、古典的FPSはそれに成りえなかったので素晴らしくありません。

多少わざとではありますが、かなり嫌味っぽく、自己中心で主観的な結論になりました。まあこれが大なり小なり、過去作品を崇拝する人達の源流なんじゃないかなあと思います。特に幼少期に遊んだゲームはかなり強固です。こんなこと言わなくてもようげさんは認知していたらしつこい文章申し訳ないです。

ようげさん自身が意見を書かなかったのは出てくる意見にフィルターをかけない為かと思います。出来ればようげさんの意見を後でもいいから伺いたいですね。
 | 2015年02月22日(日) 17:05 | URL | コメント編集

日本産ゲームを馬鹿にしてるのは、古典的FPSファンだけじゃないですよね。
最近の作品を否定する古典派の問題は、FPS以外のジャンル・日本産ゲームファン、ゲーム以外の分野でも見られるますし...
またマイナーFPSファンも古典的FPSファンと同じように、CODやBFを否定していることが多いです。

古典的FPSファンには確かに老害と呼ばれても仕方ない人がいますが、
我々だけが悪者のようにされては悲しいです。
 | 2015年02月22日(日) 17:22 | URL | コメント編集

●Re: タイトルなし

御三方コメントありがとうございます
> 古典FPSファンなので日本のゲーム叩いたり暴走しないようにしようと思った(小並感)
ちゃんとプレイして叩くなら全然問題ないと思いますね、自分でちゃんと考えた後で…ってのが大切ですね

> 長々と書きましたが、結局自分の基準となったゲームこそが偉大であり、私にとって、古典的FPSはそれに成りえなかったので素晴らしくありません。
>
> 多少わざとではありますが、かなり嫌味っぽく、自己中心で主観的な結論になりました。まあこれが大なり小なり、過去作品を崇拝する人達の源流なんじゃないかなあと思います。特に幼少期に遊んだゲームはかなり強固です。こんなこと言わなくてもようげさんは認知していたらしつこい文章申し訳ないです。
>
> ようげさん自身が意見を書かなかったのは出てくる意見にフィルターをかけない為かと思います。出来ればようげさんの意見を後でもいいから伺いたいですね。
非常に興味深いご意見ありがとうございます。確かに最初にプレイした作品の影響ってのはかなり大きいですね。自分から見た暴走者の大半が(崇拝対象にしても貶す対象にしても)「本当にプレイしたのか?」ってのが多いのでコメント冒頭の結論は個人として確信が持てるものだと思います。私の意見としては…できれば書きたいですね。曖昧で申し訳ないです。

> 古典的FPSファンには確かに老害と呼ばれても仕方ない人がいますが、
> 我々だけが悪者のようにされては悲しいです。
確かに代表として“古典的FPS”を槍玉に上げましたがほぼ全てのゲーマーに当てはまるとも述べました。上のコメント主様の主張を借りて表現するなら“古典崇拝”というより“源流崇拝”と言ったほうが正しいかもしれません。
ようげ | 2015年02月24日(火) 14:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/612-5edda331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |