若年PCゲーマーのきまぐれ GTA V 新情報が大量リーク! まとめ 追記アリ
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月
2012.11.09(Fri)

GTA V 新情報が大量リーク! まとめ 追記アリ

321201_convert_20121110204309.jpg

人物

名前: Michael
■職業: 失業中
■年齢: 40代前半
■所在地: Rockford Hills
321307.jpg

* 銀行強盗として大きな成功を収めたMichaelは40代半ばでその生活をリタイアし、トロフィーワイフAmandaとやんちゃなティーンエイジの娘Tracy、息子Jimmyと共に高級住宅街Rockford Hillsに住んでいる。

* 犯罪稼業から足を洗った後は証人保護プログラムを受け、FIBとの異例の契約により贅沢三昧な生活を送っていたが、その金も妻の浪費癖によって枯渇。妻との仲も冷えきっており、マイケルは否応なく犯罪の生活に戻ることになる。

* マリファナを愛する20代のJimmyなる友人(海外サイトCVGの記述によれば息子と同名の模様)を持っており、彼とは父と息子のような複雑な関係を持っている。

名前: Trevor
■職業: 犯罪経験者
■年齢: 40代前半
■所在地: Blaine Country
321308.jpg

* 麻薬中毒者、元パイロットの退役軍人。40代前半のTrevorはバイカーとシャブ中で満ち溢れた砂漠地帯Blaine Countyに住んでいる。Michaelとは何度か共に銀行強盗を実行した旧知の仲で、もう1人の犯罪者として『GTA V』の物語に加わることになる。

* 破壊衝動を持つ激情的な人物で、ハンズオフデモではTrevorがまるで冗談半分に車に放火しているようなシーンが確認できた。

* TrevorにはRonという名の親友が存在。偏執的な陰謀論者で、トレイラーハウスに住んでいる。

* メンバーで唯一ハゲている。

名前: Franklin
■職業: 差し押さえ屋(Repo Man)
■年齢: 20代半ば
■所在地: South Los Santos
321309.jpg

* 支払い能力の無い人々にアルメニアの高級車を売りつける販売店にて働く青年。現在は支払いが行えなくった人々から差し押さえを行なっている。野望に燃える若き詐欺師であり、この世界でのし上がっていこうと夢見ている。

* Lamarというクレイジーで楽しい友人を持っている。

* ゲーム内では仕事の標的となったMichaelと出会うことになる。

MAP

GTA Vの舞台となるLos Santosは、Red Dead Redemptionと
GTA: San AndreasとGTA IVを3つ合わせたサイズよりも大きい。
そこには大自然、米軍基地、水中を潜れる海も含まれる。

GTA Vでは3人の主人公が存在。

元銀行強盗で再び犯罪に手を染めようとしているMichael。

長年の犯罪歴を持ち薬物中毒のTrevor。

20代のストリートハスラーFranklin。

プレイヤーは3人の主人公をほぼいつでも切り替え可能。

3人は時に協力してミッションに当たることもあり、プレイヤーは操作を切り替えて
自分の好きなパートをプレイできる。

各キャラクターにはそれぞれ異なるパーソナリティ、スキルセット、交流のある友人が用意されている。

プレイヤーが操作していない主人公は自分の意志で行動する。

GTA IVやEpisodes From Liberty Cityに登場した脇役を見ることができるかもしれない。

但し今作は“HD時代のGTA設定”であり、PS2時代のシリーズに登場したキャラクターは登場しない。

Red Dead Redemptionと同じダイナミックなランダム生成ミッションが用意。
ヒッチハイカー、路上強盗、死体など。

友情。ロマンスはない。

ゲーム中に経済は存在するもののプレイヤーは不動産を買うことは出来ない。

それ以外の“無数の様々な物”が存在する。

乗り物: 車、トラック、自転車(BMX、マウンテン)、
ダートバイク、ATV、ヘリコプター、飛行機、ジェットスキー。

銀行強盗が大々的にフィーチャーされている。

キャラクターの見た目をカスタマイズ。GTA: San Andreas風のRPG要素はない。

サイドミッション: ヨガ、トライアスロン、テニス、ゴルフ。

より具体化された“三つ葉のクローバー”のようなミッション群。

より良い車の操作性

改善されたシューターシステム。

作り直された近接戦闘。

システム

『GTA V』はほぼ全てのシステムを進化させて、シリーズ史上最も大きな世界を特色とする。
新技術が導入され、プレイヤーがゲームをコントロールする方法を根本的に変えている。

殆どのゲームプレイシステムは一から作りなおされた

ライティング及びシェーダーモデルの大きな進化。より大きな描画距離。

Rockstarは『Max Payne 3』で学んだシネマティックトリックを活用している。

Rockstarは『GTA V』がこれまでで最も練り込まれたゲームであるとしている。

Rockstarは経済システムに関して批判から学習しており、
楽しく活気に満ちたシステムを取り入れている。不動産は無いがその他の多くの要素がある。

本作のリサーチのために25万枚以上の写真が撮影された。

国勢調査情報や車両の売上高データがゲームワールド構築のために参考資料として使用。

ゲームワールドには海辺、山脈、荒野、“Salton Sea”海域、軍事基地、郊外が含まれる。

海底は詳細に描かれ、探検する事ができる。

ダイナミックな“オートマトン”により、NPCが日常生活を送る事を可能にしている。
例えば、朝バスの停留所にいた庭師・掃除人が、別の時間に高級住宅街で
庭の手入れや掃除をしているのを見かけるかもしれない。

メインキャラクターの声優には大物俳優を起用していない。

3人のキャラクターはミッション中に相互に作用する。例えばチェイスシーケンスでは、
Trevorとしてヘリコプターを操縦、Franklinとしてスナイパーライフルで狙撃、
Michaelとしてアサルトライフルで攻撃といった事が可能。

3人のキャラクターの内、操作していないキャラクターは日々のビジネスに取り掛かる。
再び彼らを操作する際は驚くべき状況となっているかもしれない。

3人のキャラクターはそれぞれ1つか2つのキーミニゲームアクティビティを含むユニークな趣味を持つ。

主人公にはそれぞれ相互に作用する友人がいる。

キャラクターを切り替える際は“Googleアーススタイル”でカメラが急上昇する。

Rockstarのプレイテスターは車両から離れるようにガソリンを撒き、
Zippoライターを落として引火・爆発させた。

ミッション特有のものかどうかは分からないが、建物をラペリング降下する事が可能。

車両の挙動が改善。『GTA IV』に比べてよりレーシングゲームのように感じる。

射撃は感触及びシステムの点で進化している。

より良い近接攻撃。射撃ほど大きな扱いではないが、本当に楽しく
しっかりしたものに感じさせたいとRockstarは語る。

携帯電話のコンセプトを再び採用。しかし携帯電話は主にアクティビティ用となり、
ひっきりなしに呼び出される事はない。

Ammu-Nationが再登場。

マンガやその他のメディアなどゲーム内娯楽が多数登場。

市民とのランダムな遭遇はより多種多様になっている。

歩行者は完全にモーションキャプチャーされており、よりインタラクティブになっている。

『GTA IV』及び『Episodes from Liberty City』からのキャラクターが
何人か登場するがNikoは含まれていない。

気になったところ赤字にしておりますがこれだけ聞いたらすごく期待しちゃいますね。
本当に発売が楽しみです、PC版は未定だそうですが今行われてるGTAセールを見れば
わかるとおりPC版もしっかり売れてるのでとりあえず発売されるでしょう。

321319.jpg
自転車が復活キタ━(゚∀゚)━!

ではまた~

追記

マルチプレイはシングルプレイモードから直接アクセスできるかもしれない

前作のマルチはかなりカオスで楽しかったです、乗り物使ったら[´・ω・`]カチーンみたいな感じでw
マルチも楽しみです、待ちきれずにPS3で買うかも
関連記事
23:04  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pcgamelove0103.blog.fc2.com/tb.php/146-738b607b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |