若年PCゲーマーのきまぐれ
FC2ブログ
にほんブログ村 ゲームブログ PCゲームへ
にほんブログ村
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
2020.02.09(Sun)

『Blasphemous』の世界観を考える 堕ちたキリスト教

blasphemous-review-logo-1024x512.jpg

 ソウルライク2Dアクション作品である『Blasphemous』は日本語版の評判を聞く限り、ストーリーが非常に難解で理解不能なものという印象を受ける。自分もクリアはしたもののストーリーに対する明瞭な理解を得ることはできなかった。

しかし、その原因は「贖罪」や「巡礼」といった宗教的な用語が飛び交う世界観への我々の知識不足が大きな原因となっているように思われる。

そこでこの記事では『Blasphemous』のストーリーを直接解説するのではなく、それを取り巻く宗教的な世界観を私の拙いキリスト教理解になぞって一つ一つ並べていこうと思う。これでこの作品のぼんやりとした輪郭くらいは掴めるかもしれない。

※True Endへの言及アリ

テーマ : PCゲー - ジャンル : ゲーム

19:20  |  Blasphemous  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.11.17(Sun)

最近やっているゲーム

The Town of Light
20191108200533_1.jpg
実在した精神病棟をテーマにしたウォーキングシミュレーター。どこかおかしな人間を隔離する精神病院という施設の誕生と同時に「狂気」は生まれた。『狂気の歴史』でフーコーは狂人がいかに「作られた」のかを語る。当事者の目線で語られる精神病棟体験はこの考えをより実感として納得させる説得力を持つかもしれない。
02:43  |  きまぐれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.20(Thu)

Hellblade Senua's Sacrifice 現実、神話、精神病

20190518032636_1.jpg

『Hellblade: Senua's Sacrifice』は紀元前の時代を舞台とする精神病体験アクションである。主人公のセヌアは青の戦化粧をし、髪を灰で固めるケルト人。ヴァイキングの侵略により故郷を焼かれ、恋人を残虐な処刑方で殺されたことによって精神病に罹る。

精神病には大別して「幻覚」と「妄想」の2つの症状がある。幻覚は対象のない知覚を生み出し、妄想は関連性の薄い事物を脅迫的に結びつける思い込みを生む。この2つが相互に関わって現実世界にはありえない独自のファンタジー世界を作り出す。セヌアの場合このファンタジーは「神に奪われた恋人の魂を私は地獄に行って取り戻さなければならない」という形をとる。
22:47  |  Hellblade: Senua's Sacrifice  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.02(Sat)

明けました 2019

20190129002428_1.jpg
新年ですね(2月)。一か月更新がなかった場合に表示される不快な広告を消しに来ました。本当はサイコブレイクのDLCについて書きたいんですがスクリーンショットのデータがちょっと遠いところにあって難儀しています。

ゲームはまだ好きです。積みゲーを崩さなければいけなかったり、対人FPS(主にR6S)に時間がとられたりと新作を遊べずにいます。この記事では現状報告ということで最近プレイしている作品を紹介します。
01:34  |  きまぐれ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.04(Tue)

SOMA Individualとしての人間の危うさ

20181108004145_1.jpg
※ネタバレ前提です
22:45  |  SOMA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑ このエントリーをはてなブックマークに追加
 | BLOGTOP |  NEXT